2016年08月03日

ゆりえちゃんは亡くなっていた

http://mainichi.jp/articles/20160801/ddm/041/060/169000c

吉野ゆりえさん 48歳=元プロ競技ダンサー


希少がん啓発


 自ら患った肉腫(サルコーマ)など希少がん対策の充実を訴え、がんの啓発活動に尽力した元プロ競技ダンサーの吉野ゆりえ(よしの・ゆりえ、本名・吉野由起恵=よしの・ゆきえ)さんが7月30日、がんのため東京都内の病院で死去した。48歳。葬儀は近親者で営む。

 大分県竹田市出身。筑波大でダンスを始め、国内外の競技ダンスの大会で活躍。視覚障害者へのダンス指導に取り組んだ。2005年にがんの一種の「後腹膜平滑筋肉腫」と診断され、19回の手術を受けるなど治療を続けた。09年には、患者が少なく、「忘れられたがん」とも呼ばれる肉腫治療の拠点施設の設立を願って日本に「サルコーマセンターを設立する会」を作り、同年、国立がん研究センター中央病院に日本初の「肉腫診療グループ」が組織されるきっかけを作った。【河内敏康】

吉野ゆりえ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
しぇんしぇい
西野流呼吸法とソシアルダンスと海外ミステリをこよなく愛しているおいさんの Diaryです。
記事検索
過去記事
Recent Comments
訪問者数

    天気情報
    Google Sitemaps用XML自動生成ツール
    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)