2010年07月22日

石井好子が亡くなった

昨日のことだけど、シャンソン歌手の石井好子が亡くなった。
去年ステージの挨拶で来年は米寿で歌を歌いたいと言っていたが、
米寿を迎える前にステージに立つこともなく亡くなった。
50代の半ばにただただ無心に歌ったとき初めて聴衆が泣いてくれたと。
それまで彼女のステージで泣いた人はいなかったそうだ。
そのとき初めて歌というものが分かったとコメントしていたそうだ。
あの大歌手の石井好子にしてこれだ!
自己陶酔型の歌手はおろか、今の若手が歌詞の意味を理解して歌うと言うが、
こんなことで本当の歌の良さは分かるまい。
いま本当の歌を歌える歌手が何人いるか、いやいないかもしれない。
今「シャリース」を聴いている。
いいね、フィリピンの女の子だけど、歌声だけだとアジア人とは思えない。
最後に絢香の三日月が入っているけど――、絢香よりいい。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
しぇんしぇい
西野流呼吸法とソシアルダンスと海外ミステリをこよなく愛しているおいさんの Diaryです。
記事検索
過去記事
Recent Comments
訪問者数

    天気情報
    Google Sitemaps用XML自動生成ツール
    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)