2009年06月26日

ジェロは下手になってる

今朝TVでジェロが歌っていた。
紅白でも感じたけど、ジェロは下手になっている。
日本語を丁寧に歌おうとしすぎてます。
だから外人が日本語の歌を歌うときの有利さが消えてしまった。
よく歌うときは言葉の意味をしっかりと歌えって言う人がいます。
英語なんかは表音文字、日本語は表意文字。
日本語そのものが意味を含んでいるのです。
それに屋上屋を重ねるようにしているから鬱陶しくなる。
日本語なんか丁寧にしゃべられたら、聞く方はたまりません。
日本語って、結構早口言葉で、ある意味英語よりは早いと思います。
言葉に気持ちを込めて歌うなんて止めてほしいですね。
声自体のパワーで歌ってくれるほうがうれしいです。
たとえば天童よしみとか氷川きよしみたいに。
いま日本語の歌を上手に歌ってるのは東方神起ですね。
日本人じゃないですけど、日本人じゃないからかもしれません。
p.s.
なぜ外国人が日本語の歌が上手いのか?
それは日本語を表音文字として歌っているから。
だって、意味なんて分かるわけないし、、、
でも一般的には、
外国人の日本語の歌は下手だと思うでしょうね、たぶん。
だから、ジェロは最近歌が上手くなったと (笑)

トラックバックURL

コメント一覧

2. Posted by しぇんしぇい   2009年06月27日 10:41
東方神起は日本語を日本語として発音してないからいいのです。
もっと日本語を正確にと欲を出すと今の良さが消えるでしょう。
1. Posted by mimi   2009年06月27日 09:59
あら東方神起褒めてくれてる・・・嬉しい(凄いファンなので)
ホント日本語上手くなって歌も素晴らしいですよね
これからももっと活躍して欲しいです

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
しぇんしぇい
西野流呼吸法とソシアルダンスと海外ミステリをこよなく愛しているおいさんの Diaryです。
記事検索
過去記事
Recent Comments
訪問者数

    天気情報
    Google Sitemaps用XML自動生成ツール
    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)