2008年06月22日

QL-PCTを当てる時間が

最近QL-PCTを当てる時間が少なくなってきました。
肘にHGメタルを貼ってからめっきり少なくなりました。
膝にもHGメタルを貼っています。
関節の痛みはほとんどしなくなり、後は周囲の筋肉の痛みがあります。
膝は固まっていた関節が動き出して周りが悲鳴をあげています。
時々電気が走るときはとても痛くしばらくは動けません。
朝のこわばりも半分になりました。
梅雨時でもそんなにつらいことはなくなりました。
QL-PCTは特効薬とは違います。
その点をよくわきまえて使用しないと、がっかりするかも知れません。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
しぇんしぇい
西野流呼吸法とソシアルダンスと海外ミステリをこよなく愛しているおいさんの Diaryです。
記事検索
過去記事
Recent Comments
訪問者数

    天気情報
    Google Sitemaps用XML自動生成ツール
    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)