Profile
しぇんしぇい
西野流呼吸法とソシアルダンスと海外ミステリをこよなく愛しているおいさんの Diaryです。
記事検索
過去記事
Recent Comments
訪問者数

    天気情報
    Google Sitemaps用XML自動生成ツール
    livedoor Readerに登録
    RSS
    livedoor Blog(ブログ)

    2017年06月22日

    午前中は昨日の雨が残っていた。
    そんなわけで病院のリハビリはお休みした。
    それなら録画を消化できるはずがちょうど端境期で溜まっているのがほとんどない。
    今日は本当に暇な木曜日だった。
    明日は内田先生の診察だがお天気は良さそうだ。

    2017年06月21日

    中村病院で糖尿病の検査があった。
    診察の前の採血が大変だった、針を刺してから血管を探すが捕まえられない。
    見かねて先輩マサミ看護師が挑戦、見事に1回で血管を捉えた。
    血管に傷がつかなかったから黒くもなってない。
    消化器内科で薬を処方してもらってから糖尿病の方に。
    意外と早く名前を呼ばれて診察室に入ると先生がご機嫌。
    HbA1cの値が5.9で6.0を切っていた。
    今日は余計なことを言わずに来月の予約を決めてくれた。

    世間は将棋の藤井聡太四段がデビュー以来負け無しの28連勝で1位タイに並んだ。
    このニュースを流してないメディアはないだろう。

    昨日の午後11時半ごろ大分市は震度4の地震があった。
    震源地は豊後水道、佐伯市が震度5だった。

    2017年06月20日

    今日の天気予報は晴れのち雨。
    午前中に病院へ行ってリハビリをやってきた。
    意外と空いていたので待つことなしにスイスイと。
    温パックもいつもより暖かくて気持ちいい。
    そのあと超音波とバイク。
    帰るときには風も吹いてた。

    キヨマロのカートリッジが届いた。
    4ヶ月に1回が我が家にとってはちょうどいい。

    いまあなそれを観ているが、これ、波留じゃなくても良かったのでは。

    2017年06月19日

    今日は初めてエリさんがお迎えに来ました。
    軽で二人しか乗っていない、私は助手席に。
    プールは二番目で終わったらすぐに昼食です。
    タムさんがいなかった、代わりはカヨさん。
    午後は物療とリハビリ運動、他にすることがないので週刊誌を読み上げる。
    帰りはaiさんが送ってくれたが、偶然助手席に座った。

    今朝一番のニュースはSMAPの3人稲垣草なぎ香取が9月に独立が決まった。
    中居はジャニーズ事務所に残ることが決まった。
    もっぱらそのニュースでもちきりだった、メディアだけだけど。

    今日はおっちゃんの告別式だった。
    月曜名作劇場「追悼 野際陽子さんを偲ぶ 弁護士二重丸承子」
    2017年6月19日(月) 20時00分〜21時50分 OBS
    『この役を演りたい」。野際陽子さんが生涯で一度だけ演じた主演サスペンスドラマ「弁護士二重丸承子」を緊急放送。当初の放送予定を変更して放送します。
    番組内容
    事件は弁護ミスから始まった!「先生、私はこの事件の犯人じゃないんです」依頼人の目的は復讐なのか? 殺人容疑者のアリバイは、別の場所で別の人間を殺していたことだった! 容疑者はかつて弁護士のミスで無罪としてしまった殺人事件の被害者の娘。2つの事件を結びつけた、新たな事実とは!?
    出演者
    野際陽子 沢村一樹 火野正平 森口博子 宮川一朗太 斉藤陽一郎 不破万作 石井トミコ 竜雷太 松金よね子 モロ師岡 前田耕陽 原沙知絵

    2017年06月18日

    今日1時半にごっちゃんから電話があった。
    おっちゃんの例もあるから恐る恐るガラケーを開くと、知り合いがいるから電話したと。
    誰かと思ったらシイハラちゃんでした。
    近所の公民館でダンスパーティーに参加したとのこと。
    私も迎えに行くからおいでとのことだったがもう踊れないからと断った。
    踊らなくてもいいから、見学でもいいから、お話をしましょうと言う。
    次の日曜日に行く約束をした。

    今日は気温が上がり我が家でも27℃あったから外はもっと暑かったようで、
    Taeさんは毎年のことながら軽い熱中症にかかり早めに帰ってきました。
    追悼特別番組 野際陽子さんを偲んで
    2017年6月18日(日) 10時00分〜11時50分 OAB
    6月13日(火)に逝去された女優・野際陽子さんを偲んで、予定していた番組を変更し追悼特別番組をお送りします。
    ◇内容I
    「旅の香り 時の遊び」…野際陽子さんがレギュラー出演されていた旅番組。花の都・京都を訪れた2002年4月の貴重な初回放送のほか、黒柳徹子さんとの旅など名場面を振り返ります。
    ◇出演者I
    野際陽子、黒柳徹子 ほか
    ◇内容II
    「DOCTORS 3 最強の名医 第9話」 難易度の高い生体ドミノ肝移植手術に臨む堂上病院のドクターたち。だが、森山だけは参加を拒否する。病院の中でも孤立しつつある森山は、その心の拠り所を入院患者の淵森に求め始める。自分と同じように家族から認められず生きてきた淵森に似た者同士のような感覚を抱いていた。一方、どうにか森山の心を変えさせたい相良は最後の策略を…。果たして森山の心を動かすことはできるのか!?
    ◇出演者II
    沢村一樹、高嶋政伸、比嘉愛未、黒川智花、宮地雅子、正名僕蔵、滝沢沙織、敦士、斉藤陽一郎、尾崎右宗、阿南敦子、浅利陽介、小野武彦、伊藤蘭、野際陽子 ほか
    櫻子さんの足下には死体が埋まっている#9
    2017年6月18日(日) 25時25分〜26時20分 TOS
    正太郎(藤ヶ谷)は櫻子(観月)をかばい、20年前の事件の犯人と思われる沙月(櫻井淳子)に刺され意識を失う。だがその沙月が突然の自首。山路(高嶋)は黒幕に迫るが…
    番組内容
     九条櫻子(観月ありさ)は、臼渕沙月(櫻井淳子)に刺された館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)のために救急車を呼び止血も行った。しかし、正太郎の意識は遠のいていく。  正太郎不在のなか、志倉愛理(新川優愛)ら博物館スタッフは通常通り働いていた。そんな折、磯崎齋(上川隆也)にオーストラリアの博物館への引き抜きの話が…。  櫻子は、アトリエに閉じこもり、ろくに食事すら取ろうとしない。そこへ沢梅(鷲尾真知子)が設楽眞理(柴俊夫)宛ての書類を持ってくる。その中に、山路輝彦(高嶋政宏)の弟・陽介から設楽に宛てた手紙があり、30年前に神奈川県藤浦市で見つかった「頭部のない白骨遺体」についての新聞記事も同封されていた。  一方の山路は、20年前に起こった沙月の姉・日和の殺害事件の再捜査を申し出るが、係長(ヨシダ朝)に一蹴される。近藤卓也(細田善彦)は、自分たちを事件に介入させない力が働いているのでは、と山路に話す。そんな所へ沙月が来て、自分が日和や仁村聡を殺した、と自供を始める。沙月の背後に黒幕がいるとにらむ山路は、その存在を聞きだそうとするが、沙月は自分ひとりの犯行だと主張する。  その夜、櫻子の邸宅に山路がやってくる。櫻子は、陽介が設楽に託した記事や資料を見せ、陽介は、20年前の「蝶形骨」を抜き取られた事件と30年前の事件が同一犯によるものだと疑い捜査を訴えたが、署内で退けられたのだろうと話した。
    出演者
    観月ありさ  藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)  高嶋政宏  新川優愛  細田善彦  近藤公園  渡辺憲吉  田中聡元  鷲尾真知子  ・  上川隆也  他

    2017年06月17日

     指原「まずは、投票してくださった皆さん、そして応援してくださった皆さん。本当に本当にありがとうございました。本当にうれしいです。

     私のこれまでのアイドルとしての活動は、きっと総選挙とともにあったと思います。今こうしてテレビに出ているのも、テレビに出ている自分に自信が出てきたことも、たくさん迷惑をかけてしまった両親に少しずつでも恩返しが出来ているのも、応援してくださった皆さんが私を1位にしてくれた、そこから始まったと思っています。

     楽しいことばかりではない総選挙に出会えて、きっとメンバーの中にはつらい思いをしていることが多かったり、悔しい気持ちになっていることが多いメンバーもいると思います。ですが、この総選挙と言うイベントに出会え、参加できること幸せに思います。改めて、皆さんありがとうございます。

     そして、重ね重ねにはなってしまいますが、先ほど横山(由依)からもありました通り、今回沖縄でのコンサート、そして開票イベントが中止になってしまったこと、天候のこととはいえ、『6月に野外で…』と言う無茶があったと思います。本当に申し訳ございませんでした。

     こういう一つ一つの積み重ねで皆さんの気持ちが離れていくのがとても怖いです。今のAKB、どんどん信頼を失っている気がして、みんなが離れていくのが本当に怖いです。そして今、大事な仲間が卒業発表して、これからどうなっちゃうんだろうって…本当に不安です。皆さん、どうかこれからもメンバー・スタッフ一丸となって頑張りますので、AKB48を見捨てないでください。

     スピーチをしてくれた後輩にこれからは全てを託して、私は迷惑をかけないように後ろで追いかけていきたいと思います。こんな私を、普段はバラエティーでアイドルらしからぬ言動をしている私をアイドルにしてくれた指原のファンの皆さん、改めて、本当にありがとうございました!

     最後に、メンバーも関係者の皆さんも一緒にお願いします。『これからも、AKBグループを一緒に作ってくれるかな?』」

     他のメンバー「いいとも!!」
     ◇第9回AKB48選抜総選挙(2017年6月17日 沖縄県内)

     1位のHKT48指原莉乃(24)が24万6376票を獲得し、史上最多得票となった。

     過去最多は、第8回(16年)の自身(1位)が獲得した24万3011票。

    2017年06月16日

    おっちゃんが死んだ。
    今朝(16日)、奥さんから電話があった。
    話を聞いたら、不慮の事故で亡くなったとのこと。(事故は15日)
    それを聞いた瞬間、口から出る言葉はなくなりました。
    その代わり、心のなかにおっちゃんとの思い出がパーッと広がりました。
    中学で一緒になり高校も一緒でした、クラスは別々。
    楽しい毎日で大いに友情をはぐくみました。
    大学受験のときは東西に分かれたけど、放課後は市の図書館で勉強を楽しみ、
    偏差値を上げて無事に合格できました。
    東と西に分かれても時々お互いを訪問して最新情報を交換してました。
    3年生の正月休みに私の家でおっちゃんがとんでもないことをカミングアウト。
    いまダンスを習っている。
    こたつを移動させてダンス講習が始まりました。
    おっちゃんはすごかった、教え方も良かった、私はすぐに覚えました。
    タンゴは私が東京へ戻ってからダンス教室で覚えて来ると約束した。
    私はそのままダンス教室でプロになりダンスで生きていくことになりました。
    何年かしておっちゃんは印鑑を持って私を尋ね、お前たちも結婚したらどうかと言い、
    婚姻届の保証人のところにハンコを押してくれました。
    おっちゃんは仲人以上の友人です。
    おっちゃんの突然の訃報に接しここまで書き綴って来たけど、この先は辛くなってきました。
    これからは断片的な思い出を綴っていきます。
    おっちゃんにはよくおごってもらいました。
    私が財布を取り出すことはなかったですね、いつもごちそうさまでした。
    時には最近パチンコをやってないので小遣いが不自由だと言ってましたね。
    お陰で私もそこそこパチンコで遊べる程度にはなりました。
    パーッと広がったおっちゃんの思い出がどんどん消えていきます。
    私が九州に住むようになってからは田舎に帰省するたびに春日井から会いに来てくれましたね。
    もちろんそれは奥さんも一緒でした。
    それも私が田舎に帰省できるまででした。
    私のリウマチがひどくなり移動できなくなってからはおっちゃんにも会えなくなりました。
    でも、ときには電話で心配してくれましたね。
    いつも元気なおっちゃんがいてくれるから私もかろうじて命をつないできました。
    それが突如いなくなるなんて、、、
    安らかにお休みくださいなんて、とても言えません。

    2017年06月15日

    今日は病院のリハビリに行きたかったが、チエミさんがお休みなので取りやめ。
    かわりに近所の散髪に行ってきた。
    結構混んでてお昼前には断ってた、初めて見た景色でした。
    そのあとドラッグイレブンでちょこちょこと買い物。
    途中で病院のリハビリ仲間に出会いちょっと立ち話。
    明日はプールだ。